オススメのフリーローンはこちらです

キャッシングとカードローンの違いって何?違いを知って上手に利用しよう

キャッシングやカードローンでお金を借りることは知っていても、詳しく違いを理解しないで利用している人も多いです。キャッシングとカードローンを同じような意味で使われていることも多く、違いが分かりにくくなっています。

お金を借りる以上返済の必要もあるため、キャッシングとカードローンの違いを理解して上手に利用することが大切です。自分に合った借り方をすることで、返済もその分しやすくなります。ここではキャッシングとカードローンの違いを分かりやすく説明していきます。

キャッシングとカードローンの違いとは?

キャッシングもカードローンもどちらもお金を借りることは同じです。なぜ呼び方が違うのかは、キャッシングはクレジットカードのお金を借りる機能を利用して借り入れを行います。それに対してカードローンは、消費者金融や銀行からローンカードを発行してもらい無担保でお金を借ります。

返済方法にも違いがあります。キャッシングは返済の指定日があり、その日にお金を返済します。カードローンは返済の期日があり、その日までに返済すれば大丈夫です。

分割返済をする場合、お金の余裕のある月は繰り上げ返済をする人もいます。キャッシングは繰り上げ返済をしても翌月の返済日は変わることはありません。しかし、カードローンは繰り上げ返済をすると翌月の返済期日も連動して早くなります。

また、キャッシングはクレジットカードに付いている機能から、初期設定では返済方法が口座引き落としがメインになっています。それに対してカードローンは、ATMなどから振り込みをしたり口座引き落としなど自分の設定した方法で返済できます。

他の違いとしてキャッシングは、クレジットカードにその機能が付いていればすぐに利用できます。一方カードローンは、初めて利用する場合は申し込みをして審査の必要があるため、どうしてもその分の時間がかかります。

ただし海外旅行に行ったときなど、海外でお金を借りたい場合はカードローンは利用できず、キャッシングのみ利用できます。

お金を借りたいときはどちらを利用した方がいいの?

お金をいざ借りようと思ったとき、細かい違いを説明しましたが結局どちらがいいか分からないという人もいまよね。キャッシングかカードローンかは、自分の返済方法や利用する理由などでどりらが良いか変わってきます。

一般的に、キャッシングは翌月一括払いや残高スライドリボルビング払いなのでカードローンに比べて金利が高めです。

そのため急にお金がその月だけ必要で、翌月に一括で返済できるならキャッシングを利用した方が良いです。すぐに利用でき、金利がカードローンに比べて多少高くても翌月に一括で返済できれば大きな違いがないことがあります。

カードローンはローンカードを発行してもらえば、限度額の範囲なら繰り返し利用できます。そのため、毎月月末などに繰り返し利用する場合は、カードローンの方が良いです。繰り返し利用するなら借りる金額が少額でも、利息の支払いが積み重なっていくと金利の差は大きな意味を持ってくるからです。また、数カ月では返済できない場合もカードローンを利用して少しでも利息負担を減らした方が良いです。

また、カードローンはキャッシングと違ってお金を貸すのが専門のサービスです。そのため借りる側に便利なサービスが充実しています。少しまとまった金額を借りるときもカードローンの方が良いです。なぜなら、初めて利用する場合には無利息期間があるなどのサービスがあるからです。

まとめ

キャッシングとカードローンの違いについて説明してきましたがいかがでしたか?

キャッシングとカードローンのそれぞれの特徴を理解して、自分に合った借り方をすることで上手に利用できます。

返済のために生活が圧迫されては意味がないので、上手に利用することでより良い生活につながっていきます。どちらも上手に利用すれば便利なサービスです。

関連記事

20歳以上で収入も安定してるのにキャッシング出来ない場合がある?注意したい消費者金融の審査基準!

金欠の状態になった時はまずキャッシングをする人が多いのではないでしょうか。ほとんどの消費者金融が即日融資に対応しているのでキャッシングをすれば金欠の状態をすぐに解消する事が出来ますね。スマホが普及してきた事でカードレスでお金を借りる事も出来てすごく利便性も高くなっていますが、審査に通らないと...記事を読む

もしも返済に困ったら?督促状が来る前にしておかなければいけない事は?

カードローンを借りた時には、必ず返済出来ると思いますよね。 でも、予定通りにいかなくて、返済が難しくなるという時もあるかと思います。 このままでは、金融事故として、もしかしたらブラックリストに載ってしまう? ひょっとしたら社会的信用をなくしてしまうのでは? 財産を差し押さえられた...記事を読む

このページの先頭へ