オススメのフリーローンはこちらです

30歳、どうしても飲み会にいくことになって借りることにしました

人との付き合いがかなり重要な仕事でもあり、飲み会などには積極的に参加しなければならないということがあるのですがどうしてもお金が足りないということがありました。

そんな時に利用したのが消費者金融というところであり要するにお金を借りたわけです。

借りた金額としては数万円程度なのでそんなにたいしたことではないのですがそれでもしっかりと返済計画を立ててということを自覚して行っていました。

はじめて借りたときには緊張した

初めてお金を借りる時にはこちらの情報を色々と調べられるということにもなりますしこちらから情報を提供するということもあります。

当然、身分証明などを出さなければならないということになりますので免許証などを持って行きました。これだけで十分でした。

ただし収入の証明などはまた別の書類が必要になります。源泉徴収票を持っていくということにしてこちらもこれだけで十分ということになっていました。

返済もよく考えた

借りることはそれなりに容易にできたと言えるのですがどうしても返済のことを考えると億劫になってたりあるいは不安になったりということがありました。

しかし、きちんと正しく行うということによって別に怖い取り立てがあるというわけでもありませんでしたしとても役に立つサービスではあるなというのが私の中での認識となりました。

約定返済と随時返済というのがあるわけですがどちらにするのかというのはともかくとしてとにかく少しでも早く返そうということを考えていただけで給料が入るたびにすぐに返済をするということをやっていました。但し、無理のない範囲で、ということです。

審査内容

当然お金を借りようとする時には審査を受けるということになるのですがその時の私の属性などというものをいろいろと審査されたりあるいは評価されたりということになりました。

実は今までこういう形でお金を借りたということがありませんでしたから実はほぼ間違いなく借りることはできるだろうという予測はありました。

何しろ、金融遍歴で言えば真っ白でありきちんと働いてもいますので返済能力もあります。ですから借りることができないということはないだろうとは予測していました。

しかし、やはり審査を受けているという時には不安もありますし、どきどきもしました。ですが、とりあえず審査のための書類を出したら不安も消えました。最終的にすぐにokという返事がきたのです。

まとめ

いざと言うと気にお金を借りることができるのはとても助かりました。審査も通る自信はありましたが、やはり待っているときにはどきどきしたものです。

それはよい思い出にもなっています。返済はできるだけ早くということを意識していました。それはよいことではあるのですが今思うとあまり無理をする必要性もなかったと思っています。

関連記事

このページの先頭へ